燃費向上とパワーを両立した自動車部品の開発、断熱塗料・遮熱塗料で節電塗装

住宅・店舗の屋根、エアコン室外機、ソーラー発電、自動車での応用例

断熱粒素ヒートカットパウダー

住宅屋根の遮熱施工例

コンクリートパネル工法 2階建 陸屋根にヒートカットパウダーを用いた水性塗料をコーティングした場合
使用塗料: 屋根用水性エマルジョン塗料
混合率:塗料重量の約20%
塗装色: 白、  重ね塗り: ローラで3回
外気温度:36℃

施工前 施工後 温度差
屋根の表面温度 63℃ 40℃ 23℃
2階室内温度 40℃ 31℃ 9℃

主な生活空間である1階は2階より2℃程低くなりエアコンの設定温度は
最小限度に止めることが出来た。
エアコンの温度設定を1℃上げる毎に約10%の消費電力の節減が可能です。

外壁塗装の施行記録

大阪市内 築30年以上の戸建て木造住宅
塗装箇所:モルタル外壁、軒、鉄製雨戸、鉄柵、ベランダを含め総面積145㎡

混合量の計算に関して

混合比:塗料重量の約20%、この場合では15Kg缶に対しHCPは3Kg(8.2L)となり、中塗り、上塗り2回分の必要塗料を15Kgx3缶=45Kg HCPの必要量を45x20%=9Kgと想定した。

塗装工程及び使用塗料/HCP使用量について

↓ 横にスライドをして内容をご確認下さい。

塗装種類 塗料メーカー 塗料缶 一缶当たり
重量(Kg)
使用量
(缶)
1缶当たり
HCP使用量(缶)
下地塗 スズカファイン リメークプラ 16 1.5 ※不使用
中塗り(マスチック塗装) スズカファイン リメークプラ 16 9 428
上塗1 日本ペイント シリコンセラUV 15 1.5 2,000
下塗2 日本ペイント シリコンセラUV 15 1.5 2,000
ヒートカットパウダー総使用量
外壁 9,852g
エアコン室外機 165g
雨戸・軒板(木部・鉄部塗装) 290g
10,307g

実施作業要領

  • 塗料とHCPの分散性を考慮して15Kg 缶の半分量にHCP500g程を加えながら攪拌した。
  • 塗装上の注意点:下地の吸い込みを極力抑える為に下地プライマーにはHCPを混ぜなかった。
    なお塗装耐久性をあげる為に中塗り1、上塗り1の2回ではなく敢えて薄塗りで3回にした。
    塗装後のモルタル壁の表情はマッド調、色合いはパステルカラーで上品な仕上がりになった。
  • その他の施工箇所:エアコンダクト及び室外機4台
    (2.8KWx2、4.0KWx1,2.2KWx1)

効果について

外壁塗装と組み合わせた結果約30%電気代が削減され、塗装前と比べエアコンの冷却能力が高くなった事で設定温度が1~2℃高く出来るようになった(施工前25℃→施行後27℃)

施工者よりのコメント

ヒートカットパウダーの使用量と塗料は多少多めに用意する必要がある、外壁塗装では想定の1.2倍であった。古壁のリフォームでは塗料の吸い込みが有る為実際に塗ってみないと分からない。
作業性については特に問題は無い(ヒートカットパウダーを混ぜる作業以外は普通塗装と同じ)

エアコン室外機の節電塗装で冷房/暖房パワーを強化

夏の日射対策では室外機に日差しを付けて陰を作る等の簡易的な省エネ法は有りますが、ヒートカットパウダーによる断熱塗装は日射の有る無しに関わらず冷媒熱を保温しますので、冬場の冷たい外気に晒されても配管からの逃避熱を堅固に守ります。太陽光反射塗料との違いは日射のない熱帯夜の環境で計れば一目瞭然。室外機の日射遮蔽対策で節電効果が有るのは夏日の昼間だけ、寒冷期には暖かい日差しをも遮って逆に電力使用量を上げてしまいます。

遮熱塗装で電力各社の大幅値上げをフルカバー!

実施機種:
FUJITSU AS-S28W 2010年省エネ達成率112%
エアコン本体に消費電気代が表示されるモデル

室内機設置箇所:和室6畳
室外機設置箇所:ベランダ(室外ダクト3メートル)

↓ 横にスライドをして内容をご確認下さい。

平成24年 最高/最低温度 運転時間
夜間のみ
電気代 時間当たり
HCP施行前 8月3日 36.7/26.6 8H 35円 4.4円
ダクトのみ断熱 8月10日 33.8/25.4 8H 20円 2.5円
+室外機断熱 8月15日 32.3/26.9 8H 13円 1.6円

効果:
電気代が大幅に削減、夜間で日射が全くないものの大きな断熱効果が確認出来た。
塗装前に比べて強烈に冷房が効くので設定温度を上げて使っている。

上記データは敢えて日差しのない夜間分を計測したものです。環境温度を断熱することでダクトなどの冷媒回路から逃避する無駄な熱量分を保温してエネルギー効率を向上させた実証試験です。 冬期では冷たい冷気に奪われる熱量が抑制されますので再加熱に要する電力消費量は夏より大幅に節約されます。

塗装箇所は室外機筐体と外側の配管(ダクト)部分だけ、配管はパイプカバーで被服されているだけの為、配管部の長さに比例して熱損失量は増加します。断熱塗装による節電効果は配管が長いほど高くなります。

塗装要領
ダクト部:HCP混合率20%(下塗り:リメークプラ、上塗り:シリコンセラUV)
室外機:HCP混合率25%(下塗りリメークプラ、上塗りロックペイント 水性シリコン建物用)
塗装部位:室外機筐体外板、ラジエーターフィン部を除く

室外機+冷媒ダクト断熱のみによる冷房力強化策

営業中の店舗でも室外機器断熱のみで究極の省エネ化が可能です。
サンマルク宝塚店(ファミリーレストラン)では既設空調器をフル稼働しても酷暑の遮熱対策には十分な余裕が持てないと危惧されていた。 しかしながら夏休み中の繁忙期でもある為休業を伴う設備の更新や屋根の遮熱工事も出来ないとので営業中でも施工が可能な室外空調ユニットと冷媒配管へのヒートカットパウダー塗装のみで乗り切る事とした。

室外機・配管遮熱施工例
室外機・配管遮熱施工例

施工現場 兵庫県宝塚市 サンマルク宝塚店
塗装箇所 屋根部に設置されたエアコン室外機+室外の配管のみ
塗装仕様 塗料重量に対しヒートカットパウダー20%を混合
温度計/設置箇所 TR-52 ロガー付き/屋上4箇所
計測期間 平成25年8月20日より8月30日迄
施工実施店 株式会社コバック 兵庫県芦屋市打出町

測定データー表(8/21~8/30)

8月21日のデータ

時刻 未塗装面 塗装面 温度差
9:00 37 34.5 2.5
10:00 41.3 37.6 3.7
11:00 64.5 52.2 12.3
12:00 66.2 52.3 13.9
13:00 47.3 41.3 6
14:00 44.4 39.7 4.7
15:00 55.1 47.5 7.6

室外機・配管を循環する冷媒温度が外気温の影響を受けなくなった事で日中ピーク時でも店舗内温度を余裕のパワーで賄うことが出来、約20%の節電効果が有った。
なお11/12月の冬期消費電力は前年同月比約30%向上していたとの報告があった。

太陽光発電パネルへの応用

2008年9月 東京大学大学院建築学部からの論文発表によれば、「モジュールの裏面に遮熱断熱塗料を塗った金属板を設置することで、太陽電池の裏面温度の上昇を防ぎ、開放電圧の低下率を10%程改善する事を確認した」とある。
2012年 アウトドア専門誌 オートキャンパー9月号によればアルミ板にヒートカットパウダー塗装を行いソーラーパネル裏面に設置した所、未塗装と比較して12.5%の改善が見られたとの記事投稿があった。

弊社ではソーラーパネル裏面への直塗出来る油性放熱塗料も提案していますが、発電効率の改善面ではヒートカットパウダー塗装が一押しです。

自動車遮熱への応用例

自動車遮熱の応用例

冷蔵コンテナ車への遮熱施工データ

テスト実施車輌: 軽トラック コンテナサイズ: L 168cm W 121cm H 112cm
壁面断熱材の厚み: 75mm 冷蔵能力: マイナス20℃迄対応
ヒートカット塗装: コンテナルーフ 外側に膜厚0.5mmで塗装
比較テスト方法:外部環境温度と冷蔵コンテナ内温度の差異をほぼ同等の外気温環境で計測

↓ 横にスライドをして内容をご確認下さい。

時系列 未塗装 断熱塗装後
外部環境温度 庫内温度 外部環境温度 庫内温度
午前6時 21.7℃ 1.1℃ 23.3℃ -7.8℃
午前7時 24.4℃ 1.7℃ 23.9℃ -5.6℃
午前10時 26.7℃ 4.4℃ 26.1℃ -4.4℃
午後12時 29.4℃ 6.1℃ 30.0℃ -4.2℃
午後1時 30.0℃ 7.2℃ 31.1℃ -3.9℃
午後2時 34.0℃ 8.7℃ 33.8℃ -0.5℃
午後4時 36.7℃ 10.0℃ 37.5℃ -0.5℃

未塗装車と断熱塗装車の庫内温度差は平均で約9.5度, 一般的な冷蔵輸送の庫内温度基準は摂氏3度から10度となっているので今回の未塗装車でも性能は満たしているが、断熱塗装があれば加冷却となりますので無駄なエネルギー消費を大幅に圧縮することが可能になります。 またこの程度の温度差は普通トラックのドライバンでも可能であり、盛夏日中は庫内温が60度以上に上がる事もありますので貨物の種類によっては高温で劣化が危惧される荷もあり物流保全には必須な断熱対策と言える。
なお冷媒配管に断熱塗装を施すことで、逃避熱を最小限に押さえることで更なる省エネ、燃費向上も可能になる。

大学研究室が行った 5トン物流コンテナ(全面塗装)での遮熱研究を参照
川上研究室 – 公立大学法人首都大学東京 産学公連携センタ
http://www.tokyo-sangaku.jp/file_cabinet/research_pdfs/02-032-033.pdf

タービンへの施工例(実施車両:スバル レガシー)

ヒートカットパウダー記事(自動車工学)NO.1
ヒートカットパウダー記事(自動車工学)NO.2
ヒートカットパウダー記事(自動車工学)NO.3

軽トラックの断熱施工例

オートメカニック7月号記事1ページ目
オートメカニック7月号記事2ページ目

フロントガラスから車体の遮熱までプロショップが対応します。

一般的な車体塗装では薄膜による美装仕上げの技量こそ問われますが、こと車の遮熱塗装となりますとミリオーダーの厚膜仕上げと、走行振動やブラシ洗車に伴う塗膜耐久性能が必須条件となとなる事から、住宅用遮熱塗料のみによる施工ノウハウでは対応出来ません。 この度弊社は車輌遮熱に経験ある専門業者と提携することでお客様のご要望に応えられる万全の体制を作りました。 車のことならフロントガラスの遮熱塗装からキャビン・荷室の断熱保温まで対応致します。 冷房用コンプレッサーの負担を大幅に軽減することで著しい燃費向上効果が得られます。

お問い合わせは
info@toa-corp.co.jp 又は 06-6841-6988迄

冷蔵トラックへのヒートカットパウダー塗装



カーボンオフセット塗装を、冷蔵トラックに施工しました。兵庫県内のスーパーに食品を定期配送するトラックは、庫内を一定の温度に保って、食品の鮮度が落ちないようにに荷台が冷蔵庫になっています。
冷蔵庫を冷やすために燃料が使われますが、最近のガソリンや軽油の高騰で、運送コストがうなぎ登りに上がっています。カーボンオフセット塗装をすることで、荷台の表面温度が20℃〜30℃下がり、燃費の向上が出来ます。

冷凍コンテナ車の断熱施工 冷凍コンテナ車の断熱施工
冷凍コンテナ車の断熱施工 冷凍コンテナ車の断熱施工

冷蔵トラックにカーボンオフセット塗装を施工

東京都練馬区石神井保育園 屋根遮熱断熱塗装工事(2011年6月)

ヒートカットパウダー施工例1
ヒートカットパウダー施工例2

農林水産省 施設(2011年6月)

ヒートカットパウダー施工例7
ヒートカットパウダー施工例8

大阪府高槻市住宅(2011年4月)

ヒートカットパウダー施工例9

神奈川県横浜市磯子区住宅防水塗装工事(2010年11月)

ヒートカットパウダー施工例10
ヒートカットパウダー施工例11

ヒートカットパウダーのご注文はこちらから

資料請求で無償サンプル(100ml)をプレゼント

屋根・壁・窓の断熱/遮熱工事をご検討中の方やヒートカットパウダーの利用方法についてアドバイスをお求めの方はお気軽にお電話ください。お問い合わせ電話番号:
06-6841-6988お問い合わせはこちらから★窓ガラスの遮熱コーティング材
窓ガラス用遮熱塗料ダイナグラスの詳細はここをクリック
ヒートカットパウダー商品画像
塗装業者/建築業者様へ
推奨施工店ネットワークにご参加下さい。
ヒートカットやダイナグラス塗装の実績があれば、何方でもご参加頂けます。
断熱粒素ヒートカットパウダーについての詳細は下記ページからどうぞ
ヒートカットパウダー
トップ
ヒートカットパウダーの
特性や使用方法について
資料請求
(無償サンプル100ml提供中!)
ヒートカットパウダー
の注文フォーム
ヒートカットパウダーの
地域施工店
ヒートカットパウダーの
掲載記事
 ヒートカットパウダーの
住宅/空調/自動車 施工データ
ヒートカットパウダーの
内装リフォーム下地用遮熱パテ
による結露防止対策
遮熱塗料と断熱塗料の
違いについて
防音効果と吸音効果
について
東亜システムクリエイトの断熱塗料ラインナップ
断熱塗料
ヒートカット
断熱粒素
ヒートカットパウダー
窓ガラス用遮熱塗料
ダイナグラス
断熱塗料ヒートカット 遮熱・断熱塗料ヒートカットパウダー 窓ガラス用遮熱塗料ダイナグラス
工業用から一般家屋迄
広範囲に使える断熱・遮熱塗料
塗料や接着剤に混ぜて使える
超低コストの遮熱・断熱材。
窓ガラスにハケで塗るだけの
簡単施工!
赤外線と紫外線を遮断します。

製品紹介

お気軽にお問い合わせください TEL 06-6841-6988 平日:9:00~18:00(土・日・祝日休み)

製品紹介

PAGETOP
Copyright © 東亜システムクリエイト All Rights Reserved.