燃費向上とパワーを両立した自動車部品の開発、断熱塗料・遮熱塗料で節電塗装

臭いカーエアコンはイオン風で脱臭 「ダイナミックフロー(車用)」

イオン風パワーでカーエアコンと荷室内の臭気を撃滅!

ダイナミックフローはあらゆる臭い(芳香臭も含め)、イオン風で中和し臭気濃度を押し下げます、即効性能はエアコン吹き出し口の風を匂って頂ければお分かり頂けますが、無臭化された空気もひとたび居室内の残存臭気と混じり合えば、程度の差こそあれ残り香は匂いますので徹底脱臭には空調機の連続運転は必要です。

イオン風の源は自動車の省エネ目的で開発したDYNAMIC IONIZER

ダイナミックイオナイザーは流体中(空気、液体)の緩慢なクラスター(房状分子)を瞬時に分解し、ばらばらになって活性化した帯電分子の高速結合(化学反応)を応用したイオン風パワーの触媒です。高速反応は空気や燃料にも作用し内燃機関では失火の無い完全燃焼を実現し、空調時には空気分子のナノ粒子化で熱交換速度を高め、快適温度に到達するに要する全開運転時間を大幅に短縮し、EVではバッテリーの消耗を低減して燃費向上を助けます。

詳細はこちらを参照

開発経緯

弊社は平成元年より、自動車の省エネ目的(パワーアップと燃費向上)でダイナミックイオナイザーを開発しその効果は自動車専門誌や海外ユーザーにも好評価を得ています。燃費やパワー計測には使用環境や計測法については万人が納得するデータ取りは難しい事も多々あり忸怩たる思いもありましたが、多くのフィードバックレポートを参照するにあたりユーザーが一様に評価した顕著な効果はエアコンフィルターへの装着による無臭化でした。悪臭・異臭源の陽イオンをマイナスイオンで中和する作用が効果を発揮した事によるものですが、特に測定器具を用いる事なく誰にでもすぐに嗅覚で無臭効果が分かり、環境変化を即評価出来る点では最強のソリューションです。本来の開発意図である省エネ効果についてはご使用後、数ヶ月・年単位で仕事量や電力使用量(KW)を比較して頂ければ分かりますが、まずは喫煙臭や芳香剤の臭い対策でその実力を試して頂きたい。

主な効果

陽イオン化した嫌な臭いの元(約1nm※)を陰イオンで中和する事で恒久的な無臭化が可能です。臭気・汚染成分吸着型の活性炭フィルター等は吸着力が無くなれば買替えが必要になりますが、臭気イオン中和方式のダイナミックフローには交換する必要がありません。
※1nm(ナノメートル)は1mmの百万分の1、ちなみにPM2.5は2500nm,  ウイルスは10~100nm

副次的効果

★エアコンの冷房・暖房力の強化=省エネ

流体中の房状クラスター状分子、例えばPM2.5(サイズ2500nm)をバラバラにして単体分子(1nm)に変換すれば個体が小さくなる分だけ熱交換効率は向上します。仮に1キロカロリーしか熱交換出来ないエアコンの場合、1キロカロリーの粒子であれば1パスでほぼ100%の熱変換が出来ますが、10キロカロリーのクラスターが同時に通過した時の熱交換率は10%以下で生ぬるく、クラスター全体の適温化には何パスも繰り返ざるを得ずその間(出力全開運転)に消費された電力は大きな無駄となります。

米パーデュー大学とインテルとの共同研究によればイオン風でICチップの冷却効率250%UPを確認

イオン風効果は米国の研究機関より発表されている技術情報をご参照ください。DIBは天然自然鉱石からの放出されるイオン風パワーを応用したものですが、米国は電子工学に基づいたイオンパワーの検証を行っているようです。

Ionic fan claims better cooling for PCs
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0708/16/news028.html
http://www.purdue.edu/uns/x/2007b/070813GarimellaIonic.html

★均一な密度の小イオン環境の醸成で音響伝播に歪がなくなる。(静粛性の向上)

従来の脱臭・消臭法との違い

一般的なカーエアコン脱臭法は、クリーンフィルター交換とエバポレーター(熱交換器)の高圧洗浄やスチーム洗浄が効果的な対策と言われていますが、クリーンフィルターは活性炭による匂い成分吸着法であるための吸着力がなくなれば再交換が必要となりますし、また空調配管の洗浄となりますと特殊作業となるため工賃は高価な割りに、その後一旦喫煙や芳香臭があれば又すぐにそのしつこい臭いに悩まされる事になります。ダイナミックフローの脱臭効果は装着後にタバコを吸ったり、芳香剤を使用しても常に持続しており、一時的に不快な匂いが発生しても数時間をおけば臭いイオンが中和されて無臭環境に戻ります。ホームエアコンや空気清浄器の脱臭法は活性炭の吸着作用を応用したものであり、プラズマクラスターの電子的効果で除臭されているわけではありません。

取り付け要領

下記画像をご参照下さいダイナミックフローには プロスペックのDFP514と車輛構造に不案内の方でも装着可能なステッカータイプのDFSがあります。DFP514は省エネ性能強化型で装着にはメカ的な素養が求められます。

ダイナミックフロー取付方法 ダイナミックフローには軟質ステッカータイプのDFS(4枚組)と硬質プラスチックタイプのDFP514(2枚組)があります。
※左図参照
DFP514のキャビンフィルターへの装着法は文具用ゼムクリップ等を用い、フィルターのプリーツを挟み込むとことで固定出来ます、
ダイナミックフロー取付方法 カーエアコンの構造図解

①クリーンフィルターへの装着にはDFP514を用いますが、車両構造に不慣れな方は専門業者に取り付けをお願いしてください

 

②エアコン空気吹き出し口への装着はステッカータイプのDFSを用い 何方でも簡単に装着が可能です。

ダイナミックフロー取付方法3 ダイナミックフロー ステッカータイプDFSの実装手順 左図参照

運転席全面のインダッシュに有るAC空気吹き出し口(左右両サイド、中央2か所)のルーバーに各1枚を貼り付ける。

ルーバーの汚れもありますので前もって脱脂しておいてください。

貼り付け時にはピンセットを用い固定箇所を決めた上、指でなぞって貼り付けてください。

ルーバーフィンの長さが短い場合は、ハサミで分割して貼り付けて下さい。

 

ユーザーのインプレッション

公開氏名:ZEROG
日時:2015年7月9日
愛車情報:2007年式 スバル インプレッサ1.5i
使用感想:
使用感としましては、間違いなく良いです。消臭・脱臭、空調力強化、特にオーディオの音量が今まででも音量を下げて聞いていたのに、更に下げるという(音量 10→8→6)驚異と言っていいほどの製品です。
公開氏名:og
日時:2015年7月7日
愛車情報:2009年式 トヨタ ヴィッツ
使用感想:
自分の13落ちのタウンエースにはフィルターがなかったので父親のヴィッツにて使用しました。脱臭効果は感じたそうです。では、今後ともよろしくおねがいします。
あまる
日時:2015年7月15日
愛車情報:2002年式 アウディ A4 2.0SE
使用感想:
最近暑い日が続いているため、エアコン全開ですが効果は…まず吹き出し温度が昨年の計測値よりも1~1.5℃下がりました。
外気温等ほぼ同じ条件なので、誤差はないと思われます。
また、気のせいかもしれませんが、エアコンの風がさわやかというか、フレッシュというか気持ちいいかんじです。
公開氏名:順々
日時:2015年9月10日
愛車情報:三菱 デリカD:5 G-POWER 2400cc 四輪駆動
使用感想:
車は、デリカD:5(2009年)で、現在62,000キロ走行しています。
結構、エアコンフィルターにとっては過酷な使い方をしています。というのも、趣味はカヤック。
遊び終わったあとは…、身体、ウェアなど結構川臭くなります。
どういう臭いかというと、小学校の頃、学校で飼った金魚やザリガニの水槽から匂う臭みです。
家に着いたら、すぐに外に出すのですが…..、それでも翌日車中が川臭いままということがあります。
でも2ヶ月ほど今回はそれが無いような気がします。
公開氏名:funnyboy339
日時:2015/09/17
愛車情報:2007年式 日産 ティーダ 1.8G 6MT
使用感想:
効果はというと最初に体感したのは「カーオーディオの音が明らかに良くなっている」ということです。
マイナスイオンが確実に放出されていることがわかります。
特に高域の音が冴えて少し音質的にはバランスを欠くほどの影響が出ました。
カーエアコンをOFFで送風した時に臭いが出やすいものですが、改善されているのがわかります。
例えば送風口に装着出来るような、もっと手軽な装着箇所で使用できるアイテムに改良していただけたら、もっと抵抗なく利用者が増え、その結果製品の良さを体感出来る方が増えると思いますので、この提案を是非考えてもらいたいと思います。
公開氏名:ろき
日時:2015/09/23
愛車情報:2007年式 プジョー307 フェリーヌ2.0
使用感想:
今回使用していたのは空調の快適性アップでしたが、これはなかなか効果有りです。
まず、エアコンの風が臭うこともあったので、スチーム消臭を検討していたのですが、これは全く不要になりました。
装着して即効性はないのですが、一週間くらいすると、そういえば臭ってたのがなくなったなと感じられます。
また、冷房の効き具合もものすごく良くなったとは感じませんが、なんとなく快適になりました。
おそらく効きが云々ではなくて、空気が綺麗になったのかと思います。
ですので、求めていた快適性のアップは間違いなく達成しています。

効果について

  • ダイナミックフローはエアコンによる内気循環が進むに従い室内を無臭環境に変えて行く耐久消費財です。芳香剤のように他の香りで異臭感覚を打ち消す方式では無いので数年間は交換不要でフリーメンテナンスOK!
  • アコースティツク性能は微妙な音感に依存するため,個人差もあり誰もが違いを聞き分けられるわけではありませんが音圧計でビフォーアフターを測定されればその違いはわかります。
  • 空調性能についてのダイナミックイオナイザーの効果は熱交換スピードの高速化であり、設定温度までの時間短縮と低負荷運転です。真夏の炎天下や厳冬期でも短時間でキャビン内の適温化が図れます。

簡単な消臭テスト法

パッケージを開封せず家庭用冷蔵庫内に1日放置するだけで庫内の無臭化が可能です。

参考事項

車下取り時、喫煙車やペット臭のある車両は5~10万円の減額査定される事も有ります。愛煙家ドライバーには費用対効果で一押しです。
ダイナミックフローは一般住宅/業務用エアコンや各種空気清浄器にも簡単に取り付けられます。
詳細はこちらをご覧ください

ダイナミックフロー(自動車用)のモニター募集について

取り付け施行店募集に先駆けプロショップ様を対象したモニターサンプルをリリース中です。対象製品はDFP514、1セットのみとします、試用期間は約2ヵ月程度で使用感のフィードバックレポートをお出し頂く事が条件になります。なお使用後の製品返還は求めませんので 奮ってご参加ください。

モニター募集 実施要項の概要

参加資格: 自動車関連業界人、同業界での起業家(営業実態が必要)を対象としています。
募集人数: 全国で100社 (各県1~2社、政令指定都市を除く、募集枠先着で終了)
実施期間:1月20日より3月末日迄で先着順受付
使用後の感想レポートを提出して頂く事を前もってご了承ください。レポートは原稿用紙1枚程度をE-MAILで送ってください、所属団体や個人IDを公表することはありませんがレポートはユーザーレビューとして弊社HPに掲載する事もありますので、その点はご了承ください。

ご興味のある方はこちらからお問合せください。

問合せフォーム
お電話の方はこちらまで…
有限会社東亜システムクリエイト 担当:岡崎(06-6841-6988)

ダイナミックイオナイザー メニュー
ダイナミックイオナイザートップページ ダイナミックイオナイザーテストデータ ダイナミックイオナイザー
注文フォーム
ダイナミックイオナイザーのメディア紹介 ユーザーの方々から頂いたレポート 空調パワー増強対策はダイナミックフロー
カーエアコンで脱臭 ダイナミックフロー自動車用

製品紹介

お気軽にお問い合わせください TEL 06-6841-6988 平日:9:00~18:00(土・日・祝日休み)

製品紹介

PAGETOP
Copyright © 東亜システムクリエイト All Rights Reserved.